忍者ブログ
ポケットモンスターSPECIALのパロディ漫画と、漫画製作に追われる管理人の愚痴絵日記


皆様お久しぶりです~
竜森作ってから13年、
もはや過去の青春と化していたのですが、
この度yahooがホームページサービス終了(えええ!?)
とのことで、
慌てて竜森の過去9年近くに亘る作品をアップし直しました。

最初サービス終了の話を知って
ここらで潮時ってことかな、
ホムペももうなくなってもいいかな…

と、思いましたが、
いやいやいや、
私の青春の日々、
顔は見えなくとも
色々な読者(10代の子達)に愛され支えられ
過ごした日々を
無かったことにしたくない、
何としても残さねば!

そう思って、
5か月前からつい昨日の3月29日まで
頑張って黙々作業してました。

竜森から離れてから、
色々なことがありました。

パソコンは壊れ、
もはやパソコンで絵を描くことは出来ず…

出版社に漫画を投稿するも賞には及ばず。
漫画投稿の道を諦め
出版社主催の編集・ライター講座に通うと、
そこで卒業制作に作った取材記事につけたマンガに
審査員特別賞がつき、
審査員の一流ライターさんから
「お前は漫画を描け!」の一言を。

やはり漫画を描き続けることとなり、
2019年は出版社に持ち込みに行くぞと
意気込んでいたら

…今年に入ってまさかの失業。
現在求職活動&、しぶしぶながらの婚活…。
こんな運びになっております。

ホームページサービス終了も
時の流れを物語る淋しいお知らせと
諸行無常で諦めようかと思ってましたが、
いやなんの!人生まだまだこれからだ!
と思い直し、
立ち上がりました。

不採用通知ばかり貰っている日々ですが
諦めず粘りますあがきます。
だってここでやめたらもったいないじゃん!

PR
 
永久に大丈夫だろうと思っていた
yahooさんのホームページサービスが
来年3月末に終了!!!とのこと。

えええええええっ!?

もういっそのこと
このサイト諦めようかと思ったが、
やっぱりワタクシの青春の名残。
何とか来年3月末までに
大量の漫画を抱えて
引っ越ししたい!!

果たして間に合うか!?



先日、初めて、「お見合い」…?なるものをしてきました。

申し込まれた相手と喫茶店で会話する…という
いたってシンプルなものでしたが。
仲人さんなどは一切ナシ!
いきなり相手とのトークです。


お相手の方は…
とにかく「いい方」でした。

「いい方」だというのは全面に伝わってきたので、
悪くは書けません。
ただ最初から断る予定でした。

でも、いろんな人に会うのはいいことだ!と思っているので、
せっかくだから会って話してから断ろうと思っていました。

相手の方はワタクシを気に入ってくれたみたいで、
後日「交際希望」として申し込まれたのですが、
予定通り、お断りしました。

うん…「いい方」なんだけどね。

でも…
何も感じなかったんだよ。


断った後は
やっぱり何となく罪悪感に駆られました。

でも仕方ないよね…

相手の方は結構な年齢なので、
断られたらショックを受けただろうに…
でも
何も感じなかったんだよ…


自分の今まで生きてきた人生経験の中でよくわかっていることは、
「体が感じた方が正解」だったんだよ。

身体センサーが何も反応しなかった以上、
何も自分にとって大切なことはない、ということなんだと思う。

まあ、悪い反応も出てなかったので、
害はないのかもしれないけれど、
何かね…
それだと
ただただ「安定」だけを求めた結婚生活になりそうな感じで
何一つ楽しくない気がしたんだわ。


まあ、お見合い中は、
ちょっとでも相手の人から楽しい話を引き出そうと努力しました。
それで相手に気に入られたんだもんね。
ちょっとは私のトーク力も上がったかなあ?



先週、寝苦しい蒸し暑い夜が二日連続続きまして、
二日連続眠れないということがありました。
もうへとへと。

いつもお世話になっている
整体の先生にマッサージをお願いし、
「先生は眠れない夜どーしてますー?」と
聞いてみたところ、

『「白、白、白…」と言い聞かせて、
 頭の中を真っ白にするんです。』

…えっ!
そ、それって
ブラック君の推理タイムと同じ…、
先生は・・・
実はブラック君だったのね!

ということが分かりました。
みなさん!
ブラック君はジョウトのコガネシティで
整体をやっています。
漫画と同様、なかなかのイケメンですよ^^



そうそう、それと婚活ですが、
実は同じく先週、
某大手結婚相談所に説明を聞きに行きました。
N社とF社です。


このN社、
安さで目を付けたのですが、
やはり安いだけあってなのか、
社に行ったところ、
ワタシを担当する奴がまず不在。
他の若い女性が出てきたものの、
特に説明するわけでもなく
アンケート用紙を渡してくれたまま、
そのまま私を数十分放ったらかし。
正直対応の悪さに腹が立ちましたが、
「これはきっと、神様が
 このN社には縁がないって言ってるのね」と
思い、
そして、皆様に宣言したように、
多くの人から色々なものを吸収しよう、と決め、
いい加減な説明でお客に不安を与えている
若いおねーちゃんスタッフでも、
しゃべりやすいようにこちらが礼儀正しく応対してみることに。

ちょっと姿勢を前のめりにして、
相手の話に大きく相槌、
関心を抱いているようにしてよおく聞いていたら、
やはり若いいい加減なねーちゃんでも、

自分の働きでカップルが誕生したときいかに嬉しかったか、
そしてそのことを語る際の
若いねーちゃんのキラキラした目の輝き。

そういう雰囲気になると、
お互い何となく打ち解けて
素直に話を聞くことが出来ました。
いい経験になりました。

…とはいえ、まあ、この会社はボツ。


そしてF社。
今度はうって変って、40代の洗練された女性が登場。
対応、言葉の選び方、歩き方まで
礼儀教育が行き届いているのが分かりました。

やっぱり立ち振る舞いで与える影響って大きいね…
何だか期待が持ててしまいました。

アンケート中も、
親切丁寧。マニュアル通りではなく、
自身の体験から来た話や知恵、悪い面も含めた婚活の現状を
話して下さりました。

こういう、プロとしての素晴らしい態度を見ると
不思議なもんで、
本来の予算より3倍ぐらいオーバーしても、
何だかいいような気がして来てしまうんだよね(30万近かったよ…)

でも確かに、
そのスタッフの方の対応と献身ぶり
(もし入会すると、この人が私の結婚まで
しっかりずっとお世話をしてくれるという…)
30万弱の金を払っても
その価値があるような気がしてきたのであった。
(だって本当に、真剣にお世話する気でいらっしゃるのだもの)

そして
半ば入会してもいいかな気分で説明を終え、
さあ、一か月間の無料体験に入っちゃおうかと
思っていたころ、
現時点での男性のリストを見せてくれた。



…どうしたことでしょう、
写真に写っている格好をつけた男性たちが
全然私好みじゃない。
何となくエリートっぽい人たちばかり…

ワイングラスを片手にもつような立派な人たちなのは
わかるのだけど、
いかんせん・・・・
私が親近感を抱いてしまう相手ではない。

男性リストを見た瞬間の身体の反応が
「なんか違うっ  関わりたくないっ」
というものだったんだよね

このF社のスタッフは献身的で、
本当にいい人たちだと思う。
入会してあげたいとさえ思う、
しかし…
そのF社が抱く「いい男」イメージが
私の思う「いい男」イメージと全然違う。

いわゆる
ビジネスの世界でそれなりの地位があるような
しっかりした男性が
この社の思う「いい男」像なのだ。

私は…
実直なタイプで、あまり成功とかお金とか
そういったものにこだわらないような、
動物とか子育てが好きな人がいいんだけど…

ちょっと理想とする男性と違うなあ…


結局、
そこのF社も入会しませんでした。
スタッフの人は本当にいい人なので、
人にはお勧めできます。
でもなあ…


まあ、そんなわけで
またまた婚活休止中です。

他の結婚相談所に行く気力が湧きません。
やっぱり相談所も商売・ビジネスの人たちだから、
イメージする「いい男」が
ビジネス界でのエリート っていうイメージが多いんじゃないかなあ
他に行っても同じような感じの男性リストを
見せられるだけじゃないかなぁ、


あくまで写真だから
実際あったら家庭的な男性だった、
なんてこともあると思うんだけど、
でも写真を撮るときに相談所がプロデュースする方向性がこれだと
何か近づきたい気が湧かないんだわ。

うーん…
やっぱ婚活って難しいねえ


友人の紹介してくれた
メチャクチャ小さな結婚相談所(?)に登録した。

まあ、数十人しかいないところだから
誰も私に声などかけないだろう…と、
思っていたら、お見合いの話が来た(!)

相手は…40代後半の男の人である。
・・・・・・・。

断るつもりなのだが、
婚活体験者の人の話を聞くと、
色々な人に会うことそのものがいい経験、勉強になるとのこと。
色々な人に出会って断り断られ、
スランプを通したりして心が鍛えられ、そしてたどり着くのだと。

それを聞いていた自分は
基本はどんな人でも一度会ってみようと思っている。
社交やマナーのいい勉強の機会にもなるし、
それは前から決めていた。

紹介してくれた方にも
「先方にいいように言わないで下さいね、
 あくまで経験のつもりで会ってみるだけです。」
と伝えた。

小さな相談所だけあって、
商売欲が全くなく、
「全然OKです~。無理にくっつけるとか我々しませんから~」と
応えてくれた。

…ホッ(それが真実であることを祈るよ)

商売欲がまるでない機関だけあって
紹介のおばさんも気さくだ。

「趣味は漫画を描くことですって!?
 面白そ~ 何描いてるの~?
 うちの娘もコミケとか行ってたの~
 あなたもそのクチ~?
 いいわね~ 人生充実してるって感じ~」

と私のプロフィールを見て大はしゃぎ。
(「漫画を描く」にやけにヒットするおばさん達だ)

個人的に
この相談所のおばさんたちの人柄が気に入って
入ったようなものだ。
結婚するしないはあくまで結果、
どうせなら
婚活していく中で、
面白い経験や興味深い人に出会いたいよね。

大手結婚相談所の説明会も今度行くのだが、
出来るだけ安く
マナー講座とかオシャレ講座とかメイク講座とか
仕事でも役立ちそうな面白そうなセミナーを
タダで受けれるような相談所がいい。
(セミナーで元を取るつもりだ!)

傍から見ていると、
「本当に結婚する気あるの?」と思われそうだ。

もはや結婚は二の次、
婚活を通してどれだけ沢山勉強できるかの方が
私にとっては大事なのだ。


ちなみに
仕事の倦怠期を通り越したら
また漫画が描きたくなってきた。
やっぱりこっちの方が私には充実してるのだろうか…


相変わらず某大手結婚相談所からの℡はしつこく来る。
先日、一度うっかり電話に出てしまったせいか、
それまでワン切りだったのが
すこし長めにコールされるようになった。

2か月間続いているのだから、
その会社の熱心さには感心するが、
しかしいかんせん、
入会金約10万円、月会費1万3千円以上と、
料金がお高く、
とてもそんなお金、ワタクシにはない。


どうせ相談所に資料を取り寄せるのなら
値段によってコースが色々あるという相談所にしておけばよかった。
特に深い意味なく婚活アンケートに答えてしまったばかりに
まさかこうなろうとは…。

婚活は現在無気力モード。
とはいえ何かやらないとね。

さっき言った、
値段によってコースが色々あるという相談所に
資料請求してみようか。
でもまた℡攻撃されるんだろうな~

色んな相談所に行って
比較検討してみたいと思っていたんだけど
値段の高いところは正直パスだわ。

だってもし入会するなら
漫画塾をやめないといけなくなるだろうな。
一時期、漫画塾やめて
その浮いたお金で相談所に行こうかとも思ったけど…

やっぱり漫画を描く場や、それを見てくれる人は欲しんだわ。
たとえすぐ漫画が上手くならなくとも。


それにしても
電話攻撃だけでなく、
現在某知人の男から求愛されそうだし…
(のらりくらりとかわしていたが)
他にも一方的な要求メールは届くし…

やたらと他人からの要求に突き付けられているワタクシ。

他人からの要求を
うまくかわす社交術がワタクシにあったらいいのに…


…あ、今大手結婚相談所からの電話がかかってきて、
思い切って、
「他の相談所に登録しちゃいました、すいません!」と
言ってお断りました。

毎回熱心に電話をもらっておきながら
お断わりするのは正直心が痛むけど、
でもちゃんと断らずに無視し続けるのも悪いよね。
相手も仕事だろうし、
ちゃんと断った方がいいと思って頑張ってゴメンナサイの返事を。
これで
2か月間続いた電話攻撃がやむといいんだけど。

…さて、あと何件、
ゴメンナサイのお断りを
ワタシはしないといけないのだろう?









6月の9日にyahooジオシティーズがリニューアルしましたが、

使い勝手が悪くなりました!!!!!!

以前のファイルマネージャーの方が断然使いやすいよ~っ!!!
元に戻してほしいっす(TT)

とはいえ、このようなサービスは
とにかく相手側が全部勝手に決めて、
ユーザー側は従うのみ。何とも悲しい。
ここのホムペ始めた時から全く変わってなかったのに
ついに変わってしまうとは…トホホ
ホムペ運営存続の難しさを、
年を重ねるごとに痛感します。

そして、
大好きだったお絵かき掲示板おえかきーずも、
ついにつながらなくなりました。
これで
あの水彩画風の絵が描けなくなりました。

他にも沢山お絵かき掲示板はあるけれど、
使い勝手の良さ、そして水彩画風の淡さが程よく出るのが
おえかきーずさんでした。
でも…もう描けない…
これまたトホホ。

そして…
私のペンタブレットについているマウス、
真ん中のクリクリ回すところが
何故か使えなくなりました。
これで画面を指先でスクロールすることが出来なくなりました。
これまたトホホ。

トホホ続きです。

他にも携帯電話の蓋がずれてしまったり…
10年以上使っていたMDCDラジカセの液晶画面が
おかしくなったり…

パソコン・電気製品関係が現在トラブル続きです。

「くるねこ」の作者の方が、
ネガティヴモードになると電化製品がよく壊れるっていうけれど、
私はしょっちゅうネガティヴになるので、
何故いまこんなに
あれこれ使い勝手が悪くなるのか、心当たりがないんだよね~

むしろ、
これが幸運期到来の代償か何かだったらいいんだけどね!


~トヤさまからのバトン~

質問:
貴方はルビーの後輩のポケモンコーディネーターです
ある日、飼っていた一匹が大きな傷を負いました
傷事態は致命的ではありませんでしたが
コンテストには、
出せるかどうかの問題になった上、
傷口が治るかは不明との事
貴方はどうしますか、
そして、ルビーさんになんといってもらいたいですか

回答:
う~ん、
ポケモンの傷を隠して出場させようとし、
そこをルビーに
「そんなことする君のココロは美しくない」と言われて
ハッとして思いとどまり、
ごめんよ、と、ポケモンに謝って納得してコンテストを棄権する…
ってとこですかね。

最初から心が美しくないのが
ワタクシの哀しい性ですかね。

回したい人はどうぞ!



まず、トヤさまから来たポケモン6月バトン。
見た方は、ご自身のブログなどで回して下さい^^

1 PNをどうぞ
2 梅雨時にいてほしいポケモンは、
直イッシュorカロス地方に存在するポケモンのみに限る
3 もうすぐ夏ですね、ポケスペメンバーの誰かと夏休みを過ごすとしたら、(ゴールドの誕生日の翌日~8月25日までとする)
4 感想をどうぞ(無記入可
管理人の回答はBBSにて公開中です。

さて、婚活ですが…久々に始動しました。
実は友人が、
某エリート校卒業者と
そのエリート校卒業者が紹介する人だけが入れる、
とても小さなお見合い機関を
紹介してくれました。

ちゃんとした結婚相談所と違って
とてもお安い値段。
それも安いだけあって
本当に最低限のサービスしかありません。
しかし多忙な私にはむしろいいかと思い、
資料を取り寄せてみることに。
するとお見合い写真に使われるような
プロフィール写真が必要とのこと。

そんなかしこまったもの撮ったことのないワタクシ。
以前婚活パーティの際に頼ったプロのメイクさんに
ふたたびメイクを依頼、あんど、
プロフィール写真をとる際の衣装などについて相談しました。

メイクさんはいい方で、
「ピンクのノースリーブのワンピにカーディガンが無難ですよ」と、
親切に教えて下さいました。

このメイクさん、性格がいいだけでなく、
メイクの技術が素晴らしく、
ぜひもう一度会いたい、と思っていました。
なのでそのメイクさんのいるスタジオで
プロフィール写真も撮ることに。

メイクさんは相変わらずいい方で腕も抜群、
その腕前にほれぼれする私。

そして、今回はメイクさんだけでなく、
プロのカメラマンの腕が見れることも
楽しみにしておりましたv

…が、
メイクさんと違い、カメラマンの方は
どうも若くて覇気のないにーちゃん。

ほら、カメラマンって
モデルの人をとる時
「ホラ、いい顔!」「もっと元気よく~」
「いいよ!可愛い可愛い!」とか
モデルの人を笑顔にするような掛け声をするようなイメージじゃない?
でもその人
「…こっちみてくれますか」
「…口角あげて」「…笑って」

声量がなく、口数少なく、言ってることもマニュアル的。

ワタクシ、シャッターを切られるたび
どんどん不安になってきて、
笑顔は作り笑い、目が半目、
おまけにフラッシュの連続で目が疲れたのか
メイクさんが隠してくれた目の下のクマが顕わに…

その後撮った写真をパソコンでチェックするのですが、
どうもそのカメラマンさんがいいよと言っている写真と
私がいいと思う写真が食い違う。
それも
「この中からさっさと妥協してくれないかな~」的な
雰囲気がそのにーちゃんから感じられるんですね。

結局妥協して2点選んだものの、
帰ってから
「あ~!やっぱり自分がいいと思った方にしておけばよかった!」
と後悔。

メイクさんはいい方だったのに…悲しい。

そしてそのスタジオを後にし、
漫画塾に向かった私は
インストラクターの先生に頼んで
漫画の原稿用紙やコミックイラストが飾られている壁をバックに
携帯で写真をとってもらいました。

周りがコミックイラストで
カメラを構える先生も私が信頼している先生ってことが
私を安心させたのでしょうか、
ワタクシ、とてもいい表情で写っており、
何だかカメラマンが撮った写真よりも、
いい写真になってる気がします。


写真提出は一週間後。
…正直、
一週間悩みそうです。
スタジオで撮ったもひとつブサイクな顔の写真か、
携帯で撮った
コミックイラストに囲まれいい表情のスナップ写真か。

…もうこんなに悩みを抱えるのなら、
そのお見合い機関に
行きたくなくなってきてるんですよね。

だってそこの機関、二度電話したけど
電話での対応もそれぞれ悪かったし、
今回撮った写真もこんなだし。

これって、神様が
「ここは向いてないよ」って
言ってきてるのかなあ…?

はあ~…。
婚活には判断力が要りますよね~。


先週
「婚活のためのメイク講座」なるものに参加してきました。

普段から美容面は放ったらかし、
化粧っ気のないワタクシですので
他の参加者の方や講師の方に
身の程知らずと思われるのではないかと
正直怖くて怖くて、欠席してやろうかとも思いました。

でも
今年は婚活するぞ!と神様に誓った身。

某大手結婚相談所のアンケートに答えるものの
相談所からの電話もメールもひたすら無視。
(相変わらずたまにワン切りでかかってきます)
婚活コンパには一度参加したのみであとはキャンセル。

神様には
私が真面目に婚活しているように見えないことでしょう。

「ちゃんと婚活してるよ~」という意気込みを見せるべく
このようなささやかな講座ぐらいは参加せねば!
そう自分に言い聞かせ、参加してきました。


講座内容は、
婚活はあまり関係なく、愛され顔になるメイクの講座でした。

可愛らしい雰囲気になるメイクのコツを色々教えてもらったので
今度から教えてもらった通りに…
出来たらいいんだけどね。

でも確かに言われたとおりにやったら、
化粧っ気のない私でもぐっと綺麗になりました。

メイクさんは親切な方で、
(正直私好みの優しい感じの男性でした。)
ワタクシの顔がより綺麗に見えるよう、
ワンポイントアドバイスもして下さいましたv

正直参加して良かったですv
今回の婚活活動(の一環)は大正解!!!


綺麗になるコツを教えてもらったのも良かったのですが、
実は最近のワタクシのひそかな楽しみは、

業種はともかく、
プロの方の技をまじかに見て味わうこと、なのです。

ボーカルトレーニングや太極拳の先生、
美容師さん、メイクさんなど
プロの方が技術を施しているのを見て

「はあ~ こんな風にするんだ~ さすがプロ~」と、感心するのが

今現在の私の唯一の憩いなのです。

こういう楽しみが出来てから、
考えかたが変わりました。

お金はかかっても、
やっぱり本物の腕を持つ人に会った方がいい!
得るものが多い!

優れた技を持つ人に出会うと、
「自分もこのようにありたいものだな~」と
わが身を振り返って、
仕事も漫画ももっともっと頑張りたくなるのです。


現在
仕事も漫画も倦怠期なだけに
本物の技を持つプロの方のパワーを
もっともっと頂きたいものだわ

そのためにはもっとメイクを頑張…じゃない、
婚活を頑張らないとね!



本日
自分の部屋のカーペットを御座(?)に変え、
夏テイストに模様替えしました。
最近は
和のものの方が日本人にやっぱりあってるな~と
思うこともしばしば。

現在
健康志向になりつつあるワタクシは
できるだけ和の物を食べるようにしています。

和食の方が美容健康にいいのだとか。

そのせいか、快食快眠快便です。^^
気持ちだけが
アップダウンが激しかったりしますが…。


先月、
同じ職場で働くあるおばさんに、
私の実年齢+7歳上に見られていたことが発覚!

わ、ワタクシ、そんなに年取った覚えな~い!!

ポケモンの同人漫画を描いているような
心がピュアで幼い女の子なのよ、
それはないでしょっ!!!

と、心の中で叫んだものの、
とてもショック。

まあ確かに、今まで
部屋の中で漫画を描いたり
パソコンに向かってばかりしていたワタクシは、
美容健康のことなどそっちのけ。
そのツケがいつの間にか来ているのかも…

昨年まで、服も通販に頼りきりだったし…
(去年の結婚式に来ていく服探しで
 ショッピングの楽しさが復活しました)


反省しています、
反省しています。

ろくに婚活していないワタクシですが、
美容のことを考え
やはり婚活コンパやイベントに潜入して
ときめきオーラに触れてこようと思い直しました。

もはや結婚より
自身の美容の方が大事になってきているワタクシの婚活事情です。


現在
婚活はろくにやっていません。
だって
7月半ばまで予定でびっしり。
せっかくの休日は休息したいしね。

でもそれだと
いったいいつになったらワタクシは
真面目に婚活するのでしょう!?

例の大手結婚相談所ですが、
1か月近く前にネットアンケートに回答してから今日までに、
計16回、電話がかかってきました。

しかし
ワタクシは一度もその電話をとったことがなく、
自分では
「こんなにもつながらないのだから、
この会社には縁がないってことかしら」と
思ってこの会社を見限りかけていたのですが、
先日
ちょうどその会社から
電話がかかってきました!

そしてとろうと思った矢先…切れました。

そう、ワン切りです。

もしかして今までもずっと
ワン切りだったの・・?

だとしたらなかなかつながらないはず。
こちらからの折り返しの電話を期待して
ワン切りにしてきているわけだ。

…この相談所の方針を見た気がしました。
(まあ、悪い会社ではないでしょうが)

どのみちここの相談所はやめておこう。
大手だけど。
根拠ないけど、
何か縁がなさそうな感じ。
メールでの案内も一方的で、コピペ文だし。

来月には
以前行った婚活コンパにまた参加してみようかな。


…それにしても
「今年は婚活するぞ!」と決めていたくせに、
今日までにした婚活と言えば
3月に一度コンパ参加した…のみ。

4月に大手結婚相談所の会社案内を取り寄せるものの、
上記に書いたように、連絡取らず。
4月に参加表明した婚活遠足は中止、
5月に参加予定だった婚活コンパは体調不良でキャンセル。


周りから見ると、
「本気で結婚したいの?あんた?」って思われそうだな。

それもそのはず
今ワタクシは
ボーカルトレーニングに演技指導、太極拳に気功、クロッキーに漫画塾と
習い事に忙しい!!!!!!
(ついでに最近料理もちょっと凝り始めた)

そしてどれも
自分にとって勉強になってるし、心身とも充実してるんだよ!!!!
とても婚活に回すエネルギーがないんだよ!!!


三月末に行った婚活コンパが好結果だったので
これからはちょっと頑張ってみようかなと思ったものの、
4月に入ってから仕事がべらぼうに忙しく、
とても二度目のコンパにも出る余裕がなく、
それ以外にも、ちょっと良さげな婚活遠足イベントにも出られず…

これではまずい?と思ったので
お見合いにでもしてみようかと。

いくつかの結婚相談所を回って
良さげな所があったら入会してもいいかしら、と
ちょっと思った頃でした。

そこでたまたま見つけた
某大手の結婚相談所のネットアンケートに回答してみました。

すると
その直後から
来るわ来るわ
毎日午前と夕方の、二度の電話。

それもゴールデンウィーク中毎日。

休み中だろ…おい…

しかし何故かわたくし、
その電話がかかってくるときに限ってその場にいないのです。
だから一度もその電話に出たことがない。
かれこれ10日間はかかってきていると思うのですが。

こちらから折り返し電話するのも面倒なので
放っているのですが、
そうすると今度はメールで
「説明会にはいつ来るんだ」の催促。

それでも無視していたら、
今日もどうやら電話があったらしく…。

相手に悪いかな、と思いつつも、
しかしこうもちょうど電話がかかってくるときに
自分が居合わせないのだから、
この結婚相談所には
私は縁がないんじゃないですかね。


どの相談所に行くかで出会う人が変わるのだから
結婚相談所選びって怖いなあ…


ワタクシ的には
結婚はどちらでもいいというか、
(出来るのならするし出来ないのならしない)
自分でも決めかねている感じなので

むしろ婚活をするのは、
「私は結婚には縁がない、あるのは仕事と漫画だけ」、
ということを
自他ともに納得させるべく
やっているようなものでしょうか。

今回は最初はいった時のネタが良かったせいか、
人数少ない割に盛り上がりました。
いいですね、クックロビン音頭♪


ワタクシ、先日とあるカフェで
「小松菜ミックスジュース」なる健康的なものを
注文しました。
(今年のワタクシは美容に気を配っているのですよ^/^)

そして、そのカフェの人が
小松菜ミックスジュースをミキサーで作るところを
見てしまいました。

材料は簡単、
小松菜(二房ぐらい)、バナナ、牛乳、
それをミキサーでかける…、という。
それだけだったのですが、
ワタクシ、とても感心してしまい、
それならば毎日ウチの家でもやろう!と決心。
現在、
毎日続いております。

それもさらに健康度アップのため、
牛乳ではなく豆乳で作っております。

気のせいかもしれませんが、
お通じも良く、朝食が少ない日でも、あまりお腹がすきません。
何と言っても
自分が毎朝重たいミキサー(昭和50年代風のミキサー)を使って
健康的なジュースを作る、という行為に
すっかり酔いしれております。

そして先日父から
「コップにもなる、一人分用のミキサーがある」
との話を聞き…

さっそく調べてみました。
これです⇒★サンテ

どうです?いい感じでしょ?
しっかり朝が取れない方にお勧めですv
(…て、どこのテレビ通販だ)
現在これが狙っております。
何かの際に安くならないかしらん。

ところで、
この材料(小松菜、バナナ、豆乳)が定番になったのは、
先日、材料が全くなく、
仕方ないので

冷蔵庫にあったサニーレタスとみかん(バナナの代わり)、
粉末コラーゲンビタミンC+お湯(豆乳の代わり)

で、ジュースを作ってみました。

…あまりお勧めできません。ぐえ(まあ、誰もしないと思うけど)


で、やっぱり野菜は小松菜が一番、ということになりましたの。


昨日は朝から確かに変だった…

ワタクシは、曜日によって職場が違う身。

昨日は月曜なのに、水曜日に向かう職場の方向に
何故か原付で走っていってたり、(二度手間)

帰宅途中にATMでお金をおろす予定だったのに
忘れて自宅にまっすぐ帰って来たり…(二度手間)


そして…
そして…
何とも大ショックだったのが、

ATMの機械から出てきた一万円を
財布に入れるのを忘れて
そのままATMから出て行ってしまったこと!!

気が付いたのは2時間後、
駅の乗り越し精算器で一万円を出そうとしたら
財布には何も入ってない!!

…しばらく訳が分かりませんでしたわ。

おそらくその日の朝からのワタクシのとぼけ具合を考えると、

ATMで、お金の前に出てきたカードと明細書を
財布に入れるところで満足して、
現金が出てくるのを待たず、そのままATMを後にしたのでしょう。

そしてその後ATMにやってきた誰かに
私の一万円はパクられ…


こ、こんな失態するー!?

私にとって
お金はとっても大事なものなのよ

だからこそ
お金のことを忘れるなんてシンジラレナーイ!

…自分なりに考察してた

・母親が最近物忘れをするようになってきた、
 それが伝染った。
・若年性認知症になった
・最近深い意味もなく試しに飲んでいるサプリメントが
 私の体に合っておらず、記憶を鈍らせている。
・神様が「お金のことばっかり考えちゃいけないよ」と
 諭している。

…などなど。

昨日は歓送迎会で楽しいパーティだったのに、
楽しさが半減しました!
スピーチがトップバッターだったのにぐだぐだ…
(結構楽しみにしてたのよ)

何たる失態!

昨年末の、
東京行の高速バスに乗り忘れた時なみの失態。

何、私、いったいどうしちゃったの!?


…p.s.
ATMで誰かがとり忘れた一万円があったら、
それは私のだから返して~っ



今日、ふと裏倉庫の方のページを見てみると、
ななな、なんと、
YAHOOのジオシティーズが6月9日にリニューアル、
それに伴い、
ジオログ(竜森の裏倉庫に使っているやつ)、
ゲストブック、日記、のサービスがなくなるとのこと!!!


おいおいおいおいおい
どれもうちでは重宝してるよ!
素朴でシンプルで地味なゲストブックや日記ツールだったけど、
ちゃんと使っているんだよ!

「裏倉庫は一体どこにあるんだ!?」という問い合わせで
あちこち騒動になったジオログ…
漫画の解説日記に使っていた日記ツール…
東日本大震災時には生存確認に使っていたゲストブック…
みんな思い出に溢れているんだよ!!!!

あああ~
ネットって本当に
無慈悲に勝手に思い出を消しさるよね。

サイト運営を始めて8年以上になりますが、
自分が愛用していたサービスが
こちらの意思に関係なくなくなるのは、
何度経験しても辛いこと。

(以前、FFサイトを楽天さんの方で作っていました。
 楽天さんのホームページは使い勝手がよく、広告も品良く
 画像も外部呼出しOKでとてもよかったのに…
 でもある日楽天が、ホームページのサービスをやめてしまい…。TT)


今回は、
ベースとして使っているYAHOOのさんのものですからねえ…

リニューアルするっつっても
どんな風にリニューアルするんだか。
「乞うご期待」ってYAHOOさんは言っておりますが
何だかんだ言って、
結局サービスが低下するんじゃないのかしらん。


…とにかく、
しばらくは裏倉庫の引っ越しに追われます。

YAHOOさんからの勧めで、
YAHOOブログを開設して、
そこにジオログの記事を移すようにとのことですが、
そもそもyahooブログは
ここの日記に使っていたはずのもの。

それを1年ほど前、何日もかけて、
この忍者ブログに記事を移し替え、
ブログをひとつに統一。


また同じブログを開設するんだったら、
何であの時記事を全部移し替えて削除したんだ、って疑問が湧いてきそうで…

う~ん。うーん。
裏倉庫、
無くなるの嫌だよねえ。

どうするか!?


その答えは6月9日に。





今年から始めたヴォーカルトレーニング、
最初は楽しくて仕方なかったのですが、
日に日に指導の先生のおっしゃることのハードルが
高くなっているようで…

それに
最初は好きな曲が多かったので
ワタクシも
るんるん♪だったのですが、
最近は知らない曲ばかり。
それも暗い曲が多い…


しかし私が曲のイメージをはっきりさせられないままでいると、
指導の先生はすぐそれを見抜くので、
怒られるのが怖いワタクシは
(怒るような先生ではないけどさ)
自宅でイメージづくりをすることにしました。

「役作り」ってヤツです。
別に役者になるわけじゃないんだけどね…

でも役になりきって感情をこめて声を出さないと
いつまでもOKサインが出ない。
暗い曲脱出のためにも
ちょっとでも気持ちがこもるようにならないと。

…で、台詞を読みながら
歌っている役のイメージを考えたりしてたんだけど、
何故か娼婦役が歌った歌が多くって。

娼婦なんてやったことないもんだから
感情移入が難しい難しい。

2~3時間で何とかなると思っていたらとんでもない、
一週間近く考えました。
それでもつかめなかったり。

…つくづく
これを仕事にする役者さんって
すごいもんだと思いましたわ。

役者さんだけでなく、
きっと声優目指している子達も
こういう練習、してるんだろうね



ちなみにシルバー君の歌っている歌は
こちら⇒♪ミス・サイゴン「今も信じてる」




竜森を見ている皆様、
お気づきになられたでしょうか、
(たぶん誰ひとり気づいていないであろう)
メールフォームのページに変化があります。

今までのメールフォームだと
管理人のメルアドが表示されてしまうので、
別の何かを利用しようとしていたところ、
YAHOOジオシティーズさんの掲示板を、
メールフォームとして利用することにしました。

実はこのメールフォーム代わりとなる掲示板、
竜森開設の2006年1月から、9月頃まで
竜森サイトの掲示板として使っていた代物。

その頃は純粋に
管理人と、閲覧者様とのやり取りに使われておりました。

アイコンを自分好みに変更できない、
アクセス禁止も出来ない、
記事の修正はできない、
記事の数に限界がある、
…など、
何一つ便利な機能が付いていない、
原初的な掲示板です。

しかしどこか憎めない、
素朴な掲示板なのです。

何故使わなくなったかというと、
2006年9月ごろから、
掲示板で閲覧者同士がやり取りするようになり、
その閲覧者さんたちからのご要望で、
コミュニティ用の掲示板を増やし、
また、荒らし対策に、
便利な機能がたくさんついた掲示板を、使うようになりました。


繁栄を極めた頃は、
一日400人の人が掲示板を閲覧するという
コミュニティサイトと化し、
返信は一日30件近く…
気が付いたら2時間経っていたということもまれではありませんでした。

一時期某サイトに乗っ取られかけたりもしましたが…
何とか今に及んでいます。

現在は書き込みされる方も少ないので、
来年にはまた一つの掲示板に戻ることでしょう。


そこで元の原初的素朴掲示板を使おうかと考えましたが、
この素朴掲示板、
2011年の東北大震災時に、
アクセス不可能になった他の多機能掲示板たちに代わって、
閲覧者さんの安否を確認する掲示板として
大いに役立ってくれたのでした。

その時の記事を見ると、
さすがに消せません。
なので
記事をそのまま残します。

メールフォームの下を
スクロールして見てください。
当時のやりとりが残っています。

それを見ると、
やっぱりたかが掲示板といえども、
大切な人との連絡を取り合う、貴重な手段なのだなあ、

しみじみ感じました。


この素朴掲示板の記事を残しつつ、
竜森サイトで再び役立てたい!

…ということで
今のような状態となりました。

興味がわいた方は
メールフォームの下を見てみてね。
当時このサイトに来てくれていた
色々な方が記事を立ててくれています。
(無事の確認をこんなサイトの掲示板でしてくれるなんて…
 本当にありがたい限りでした。)

ものすごく久しぶりに「好き放題劇場」、書きました!
6年ぶり!
いつの間にかそんなに時間がたっていましたか…
時が経つのは早いもの。

もともと管理人はパロディが大好きなので
勢いでサイトを始めてしまった当初ほど
他の作品を取り入れたものが多いんですよね。

…で、今回の作品ですが、
ワタクシは~
とにもかくにも古今東西、
人間が多数集まるところに
ドロドロした人間関係がないものはない!
と、思っているので

良心的であるつもりのプラズマ団だって、
内部では人間関係がドロドロ渦巻いているはず。
むしろ
他の団よりも
ドロドロしている気がするんですよね。
(表ではいい子面している分、陰湿になる気がする)
特に女同士の人間関係では…

この「女どうしだもの」、
森下えみこさんのコミックエッセイですが、
実にまあ、女社会のドロドロをコミカルに描いてくれるので
読んでいると、

あー…私もそういうことあった~
くそ、今思うとあの女、そういうつもりだったのか、と

思い出して悔しがることしきり。

女性なら必見の書だと思います。
男性だって、女性社会に関する予備知識として
読んでおいた方がいいと思います。

女性社会って面倒なのよね -3、
と、改めて思い知らされます。

それを
純粋なるファイツちゃんと
彼女より少しずる賢い、スレた大人のプラズマ団員さんたちとで
描きました。

ファイツちゃんが可愛らしく見えないのが難点かしら。

でも
「好き放題劇場」を描くときのお決まりの台詞ですが、

どうしても描いてみたかったの!


何と管理人、2時間半近く遅刻するという大失態を
してしまいました!!!(><)
参加して下さった方々、本当に申し訳なかったです!
でもその後のポケモントークはメチャクチャ楽しかったですv
ぜひまた参加して下さいませv


管理人はよく春休みにゲームをやります。

何故かというと、
この時期は
職場で異動やら何やらがあって、
多くの人達と別れを体験するので、
淋しい気分が自分の中に蔓延するのです。

それをかき消すために、
何かのゲームをプレイします。

…で、今回は
「ポケモンレンジャー」をやっています。
ぐるぐるタッチペンを回して目が回っています。


実はワタクシ、
全てのポケモントレーナーの中で、
一番好きなのが
ポケモンレンジャーに出てくる
アリアさんとエリダさんなのです。

特にアリアさんのようなツンデレ女史が大好きで、
なので
「ぽけもんだいすきらんど」に載っていた
(日下秀憲先生原作山本サトシ先生画の)
ポケモンレンジャーの漫画に、
アリアさんだけが出てこないことが
悔しくてならないのです。

…ってこんなこと言ったって
ポケモンレンジャーの漫画、見てた人いないよね、もう。


ゲームをやってみると、
アリアさんはミッション中、ことあるごとに
主人公の前に現れ注意を惹かんとばかりモーションをかけてきます。

こんな美味しい役回りなのに、
何故、漫画では無視されているのでしょう。

それどころか
いつになったら
「ポケモンレンジャー」「ポケモンレンジャーバトナージ」の漫画は
ポケスペのコミックに載るのでしょう。

以前マナフィのたまごが紹介されるとき
チラリと一コマカヅキとヒナタが出てたんだから、
きっといつか、
ポケモンレンジャーの漫画も
ポケスペのコミックに載るよね、ね?

その時はちょっとページ増やして、
アリアさんも登場してきますように!>人<





春休み絵チャ第一弾!
メンバーは少なかったのですが、
懐かしい方が顔を出して下さったりなど、
とても楽しい時間を過ごせました!

参加して下さった方のみダウンロードOKだなっしー!


実は管理人、
とある事情でヴォーカルレッスンを今年から始めました。

ほぼ思いつきで始めたようなものでしたが、
これが思いの外楽しい楽しい♪

クロッキーの時間とヴォーカルレッスンの時間が被るのですが、
ヴォーカルレッスンを優先しました。

教えて下さる先生が、
舞台演出の仕事もやっていたりするので、
歌の練習だけでなく、
演技や朗読、物語を作るコツなんかも教えてくれたりします♪

オリジナル漫画を作るのに苦戦しているワタクシには
とてもありがたい先生さまです。


でも先日、風邪をひいてしまい、
のどの痛みと咳、痰が治りません。

そこでレッスンの先生に治療法を聞いてみたところ、

「大根を数ミリサイズの四角形に切って、
 それを一晩寝かせておき、大匙いっぱい、
 ハチミツと一緒にそれをお湯に入れて飲むといい」

とのこと。

ミュージカル俳優の皆さんも、
喉を痛めるとよくそれを飲んでいるのだとか。

えええええ~!?
うっそ~

と、半信半疑でしたが、
ちょうどその日の夕食が
風呂吹き大根、
翌日が大根のサラダ、と、
大根メニューが偶然続きまして、

それだけでものどの痛みがだいぶマシになり、
咳・痰がなくなりました!

そして先生に言われたハチミツ大根のお湯割りを飲むと・・

あら不思議。
大根の汁の辛さが、
ちょうどのどの痛みを癒してくれるようなのです。


おおおおおお!
何と!
私の二週間以上続いたのどの痛みは何だったの

と、言わんばかりです。

素晴らしい治療法!

皆さんもぜひ
喉を傷めたらお試しあれv




竜の棲む森Blog版
当ブログは、日下秀憲原作
【ポケットモンスターSP】
のパロディ漫画サイト
『竜の棲む森』のBlog版です。
パソコンをお持ちの方は、
『竜の棲む森』PC版の方に
下のバナーよりお入り下さい

絵チャットルーム(別窓)

今までの絵チャット作品
ポケSPミニギャラリー
FFイラスト
その他のイラスト

ABOUT LINK
リンクフリー。
相互リンク希望の方は、
当サイトへのリンクを
貼ってから御報告下さい。
バナーはお持ち帰りで。

バナーはお持ち帰りで。
竜の棲む森Blog版:http://ongakushi.blog.shinobi.jp/top/
管理人: 忠実なる音楽師

カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]