忍者ブログ
ポケットモンスターSPECIALのパロディ漫画と、漫画製作に追われる管理人の愚痴絵日記

母親が捨てる予定の書物の中の一冊に、
夏川草介の『神様のカルテ』(第10回小学館文庫小説賞作品)があったので、
それをこっそり盗っておいた。
捨てるのはもったいない、せっかくだから売とうと思ってのことである。
しかしその前に一読…と、思い、本日電車の中で読破。
割とあっさり読める良書であった。
自分としてはもっと重い内容のものが好みなのだが、
まあ、
いわゆる「いい本」だったと思う。いい人が沢山出てくる、ほほえましい、いい話。
さくっと読める感じがいい。
しかし自分の部屋の本棚に置いておくのは…どうかな。

前述したように、私はもう少し重い内容の方がいい、
「正義とは何か」「人間の弱さとどう向き合うか」「腐っていく社会に対して人は何を…!?」的な、
読み終わった後、「うーむむ…」と考えさせられるくらいがいい。
数日間そのことを考え続けているくらいがいい。
そのくらい心に深く刻み付けられるようなものがいい。

しかしいざ売ろうとAMAZONを見ると、
この『神様のカルテ』、近日中に2が出るようだ。
うーん…
続編がどうなっているのかは正直気になる。
このままシリーズ化するのかしら。
それはそれで面白いかも。
ちょっと読みたい気がしてきた。
でも何度も読み直したくなるほど好きというほどでもないしー。
でも続きを読んでから売ったことを後悔するかもしれないしー。

結局売るかどうかの結論は保留。

前にも似たようなことがあった。
そうだ、『ゴッドハンド輝』のドラマの時だ。
別にあのドラマから深いテーマを見出したわけでもなく、
心から感動したわけでもなく、
特別思い入れがあったわけでもないのに、
何故か手元に置いておきたい気持ちに駆られ、
高い金払ってDVDを買った。
しかしまだ一度も見ていないという…。

…これは何だろうね~
どうもわたくし、医療モノに対してちょっと弱いようです。
それも主人公が純粋な心の持ち主のいい人であると、評価基準が甘くなるようです。
わたくしはもちろん医療従事者ではありませんが、
どうやら医療モノに憧れでもあるのか、
何故か『ゴッドハンド輝』も『神様のカルテ』も捨てられないようです。
…自分が医療モノの作品を書きたいと思っている欲求の無意識の表れとか?

実は自分がライフワークにしたいと考えているオリジナル作品の舞台も、
医療現場にしたいと思っているのです。
でも医療現場について何一つ知らない私…。
ただ、上記の作品を身近に置いておくことで、
「いつか自分は医療現場を舞台にした作品が書ける!」という自己暗示にかかっているようです。
(かけている?)
まあ、自分が夢を実現させる御守りのようなものですかね。

卒業課題である16ページのオリジナル作品、
自分では結構進んだと思っていたのですが、
昨日ページ数を数えてみると、まだ5ページも描けていない!!
1ヶ月以上前からとりかかってこのペースかいっ!
これなら仕上がりはいつになるんだかっ!
オリジナル作品を機に、本気で執筆活動に入るつもりでいるのにっ!
何とかしてくれこのスローペース!

…そんな切羽詰っている身でありながら、悲しきかな、
今夜はオリジナルではなく、
ここの漫画を描くのであった。
PR
竜の棲む森Blog版
当ブログは、日下秀憲原作
【ポケットモンスターSP】
のパロディ漫画サイト
『竜の棲む森』のBlog版です。
パソコンをお持ちの方は、
『竜の棲む森』PC版の方に
下のバナーよりお入り下さい

絵チャットルーム(別窓)

今までの絵チャット作品
ポケSPミニギャラリー
FFイラスト
その他のイラスト

ABOUT LINK
リンクフリー。
相互リンク希望の方は、
当サイトへのリンクを
貼ってから御報告下さい。
バナーはお持ち帰りで。

バナーはお持ち帰りで。
竜の棲む森Blog版:http://ongakushi.blog.shinobi.jp/top/
管理人: 忠実なる音楽師

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
powered by 忍者ブログ [PR]