忍者ブログ
ポケットモンスターSPECIALのパロディ漫画と、漫画製作に追われる管理人の愚痴絵日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

はああああああ…
仕事で疲労困憊の私に、
漫画コースの前課題がついに添削されて返ってきてしまった。
添削の評価自体には落ち込まなかったけれど、
これで最終課題を出すためのファイルが戻ってきてしまい、
もういつでも最終課題のオリジナル漫画を出せるようになってしまった…。

今までは
「まだ提出用のファイルが返ってきてないから漫画製作もゆっくりめでいいよね」と
思ってペースが遅くてもあまり気に病まなかったけど…。
もう後は一刻も早く仕上げて提出するしかない。
10月末が締め切り。
10月末まで約一ヵ月半。
その間10日間ほどヨーロッパに行くわけだから
あと実際は1ヶ月。もちろん仕事やらここの漫画やらも描く訳だから…。
おおおおおおおお

そして8月から描き始めているのに現在5ページも仕上げてないワタシ。
こっ、こんなペースだとどうなるんだ…!!!
ひいいいいい。
おまけに前課題の添削指導を見ると
それはそれはもうアングルだの構図だのイマジナリーライン(←ひたすらこれについて注意された)が
どうのだの…反省材料ばかり!
これじゃあ最終課題のデザインも最初から考え直さないといけない気分になるじゃないか・・・!
間に合わんっちゅーねん!


それに追い詰められたことがもう一つ。
この前言ってた、私が文章の師と仰いでる方の、物書きを志す人への覚書みたいな本を読んだら、
もうまさに私の状況と同じような(同人漫画家?)に対する辛辣でかつ現実的な評
「しょせんパロディ」という意見が載っておりました。
それも納得できることしかり…。

それを読むと、
しょせん自分のやっていることも閉ざされた世界の内輪受けに過ぎないんだわ、
ということを痛感させられました。
「笑い」に関してはパロもオリジナルも関係ないつもりでしたが、
(だって、漫才師のネタを考える要領でいつもアイデアを出してるんですもの)
どこかで成功している作品のキャラを使って作っているものである限り、
それはどこかの作品に「タダ乗り」していることと何ら変わらないのだと。

それこそポケスペを知らない人にでも受けるようなネタを考えるようにしていたつもりですが、
そんなことは土台無理な話。
やはりポケスペを知っている人同士の間でしか通用しない作品でしかないのだわ。
ああもう
今後どうしようかなあ…。
二次創作に対するモチベーションが下がったかも。


とにかくしばらくは最終課題であるオリジナル漫画の制作を最優先します。
そして最終課題を終えたら…
今度は同じ学校が主催している「キャラクター設定講座」を受講予定。
ますますオリジナルキャラを育てていくつもり。
そして、
オリキャラがそれこそここのサイトのキャラ達のように活き活き動き始め、命が宿ったら… 
それこそオリジナルの方を優先してやって行こうと思います。
勝負をかけなければならないときはいつかは来るのだし。
ただ、焦ってはいませんけどね。


来年は都心でやってる文化教室の講座「エッセイ講座」「シナリオ講座」「小説講座」も学ぼうか…
いや、「朗読講座」、「落語講座」も面白そうだな…と、色々思案中。
本気で物書き…いや、表現者をめざそうとするとどれもいい刺激になりそうで、
興味の対象がずい分拡がりますね。
(来ている人はお年寄りばかりかもしれないけれど、一人よがりになるよりはいいような気がする)

ひょっとしたら来年くらいから、わたくし、新境地を開くかもしれません。

Click Please!クリックお願いします

PR
竜の棲む森Blog版
当ブログは、日下秀憲原作
【ポケットモンスターSP】
のパロディ漫画サイト
『竜の棲む森』のBlog版です。
パソコンをお持ちの方は、
『竜の棲む森』PC版の方に
下のバナーよりお入り下さい

絵チャットルーム(別窓)

今までの絵チャット作品
ポケSPミニギャラリー
FFイラスト
その他のイラスト

ABOUT LINK
リンクフリー。
相互リンク希望の方は、
当サイトへのリンクを
貼ってから御報告下さい。
バナーはお持ち帰りで。

バナーはお持ち帰りで。
竜の棲む森Blog版:http://ongakushi.blog.shinobi.jp/top/
管理人: 忠実なる音楽師

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]